「コミックが国を滅ぼす」昨日の正解はこちら

goito-mineral2008-02-22

ノーサイド」第一巻第2号(1991年8月1日発行)、文藝春秋


特集中、植田康夫氏の記事は見出しと中味がたいへん乖離していて、単に出版データをまとめているだけの本文に「劇画が活字を駆逐する」という見出しをつけたというもの。小見出しもいちいち扇情的だが、本文は淡々とデータを書いている。最後の文末のみ「活字はコミックにのみこまれつつある」と結んでいるが、この編集は、ある意味ものすごい。
また同誌は「ノーサイドエイジ」という語を用いて、ある年代に向けた雑誌であることを明確に打ち出している。創刊号は未確認だが、60代以上に向けた雑誌と思われる。